相続と遺言

相続の手続きを行うためには、戸籍の収集による相続人の確定に始まり、相続財産目録の作成、遺産分割協議書の作成など、多くの書類の収集や作成が必要となります。その他にも、不動産の名義変更や預貯金の払い戻し、相続税の問題など、多くの手続きが必要となります。

また、自分の財産について、元気なうちに遺言書を残しておきたいとお考えの方が増えてきています。遺言書には、相続が「争族」となってしまうことを防ぎ、財産の承継手続きをスムーズに行うことができるなどのメリットがありますが、正式な様式が整っていなければ無効となってしまう場合もあります。

当事務所では、司法書士や税理士、社会保険労務士など他の専門家と連携しながら、相続に関する様々な手続きや自筆による遺言書の作成、より厳格な公正証書による遺言の作成まで、ご依頼者の皆様方に寄り添いながら、しっかりとしたサポートを行っております。